講座概要

通信大辞典原稿(小).JPG 
(通信講座大辞典2010年上半期号)

ビジネスで求められるのは
状況や目的に合ったナチュラル・イングリッシュ
リアリティある課題で英文ライティング力を強化する

→ 表現のバリエーションを身につける
ビジネスパーソンが英文メールを書くときに気なるのは、「失礼な表現でないだろうか?」「プロフェッショナルでありながら、冷たすぎない印象を与えたい」「やんわりと断りたい」など、意図するニュアンスを伝えるための表現。そのためには、一定の状況設定の中で実際に書いてみて、ネイティブが受け取った時の印象を知るのが一番です。

→ 日本人の苦手を熟知したネイティブ添削者が丁寧にチェック
担当するネイティブ添削者は、ビジネス経験を持つ英文添削のプロです。日本人をはじめノンネイティブにありがちな間違いを知り尽くしているので、適切な修正やフィードバックが可能です。今後どのような点に注意して英文メールを書けばよいのか、フィードバックします。

→ マンツーマンで全レベル対応
メリットを感じて頂けるのは、初級・中級者に限りません。英文メールに慣れていない方は、間違いを見直しながら実戦的な表現を身につけて頂けるでしょう。日頃から英文メールを書かれる方、海外経験豊富な方は、ネイティブに近い言い回しなど、表現のバリエーションを強化して頂けます。TOEIC900点を超える方でも、新しい発見があるはずです。

→ 添削課題は充実の10回

課題は社内・社外宛てのバラエティに富んだ内容で、しかも、業界を問いません。どなたでもご自身のこととして書きやすい課題になっています。

 

《 送付内容 》

1.お申込み完了後、以下のものを郵送します 通信大辞典原稿(小)3.JPG

・ ビジネスメール作成の手引き(テキスト)
  A4 48ページ
・ 特選必須英単語300
  (単語帳・ネイティブの音声CD付き)
    単語帳はA5 31ページ
   音声はWAV形式

・ 添削課題10回分

次項有今なら無料チケット謹呈!
  添削無料チケット1枚
  ・ 講座とは無関係のメールの添削にご利用頂けます
  ・ 語数と期限があります

2.課題ご提出後、以下のものをメールでお送りします

・ 添削された課題(Word)
・ フィードバック(コメントおよび重要項目評価・総合スコア)
・ 回答サンプル(中級レベルおよび上級レベルの2種類)

    受講料 24,800円(税込)

 

 お客様の声
 詳しくはパンフレットをご覧ください
 FAQ よくあるご質問 
 お申込み・ご利用プロセス

お客様の声

 

仕事で英文メールを書くのですが、いつも自信がなくて、時間ばかりかかっていました。添削で真っ赤になると凹みましたが、大分慣れてきましたので、心に余裕が生まれました。
ありがとうございました。
 

メーカー勤務

30代男性

会話はよいのですが、ライティングには自信がなくて。独学では効率が悪いので受講しました。ネイティブが厳しくチェックして下さるので苦手な要素が明確になりました。知らずに偉そうな書き方をしていたことも分かり、赤面ものでした。こちらの講座でかなり上達したと思います。 


外資系勤務
30代女性

これからは英語がまともに書けないと、と思い(先輩から言われました)受講しました。受験勉強の英作文では通用しませんし、ビジネス英文ライティングはどこでも習ったことがなかったので、非常に勉強になりました。課題も結構楽しかったです。 


金融勤務
20代男性

英文メールを書く頻度は多くありませんが、たまに必要になります。ハウツー本を見ながら真似するのですが、確信が持てず、かといってチェックしてくれる人も周りにいないので困っていました。こちらの教材では間違いやすいポイントが多々紹介されているので、よかったです。自分にも当てはまっていて、ドキドキしました!添削10回は、週末を利用して毎回提出しました。チェックは厳しいですが、フレンドリーなコメントなので添削が返ってくるのが楽しみでした。課題の内容も難し過ぎず、無理がない感じでした。 

公務員

30代女性

海外経験はある方ですが、ネイティブのエグゼクティブにメールを出すときは、細かい表現の仕方が分からずにいました。課題を通じて私が普段使っている表現をテストしてみたところ、色々指摘して頂き、目から鱗、でした。英会話の講師が英文メールも得意かというとそうではないので、ライティングのプロからのアドバイスは非常に為になります。課題は、自由度もあるので、日頃もやもやしているものを吐き出してスッキリしました。中級者にも上級者にも良い講座だと思います。 

会社員
40代男性

 

 

詳しくはパンフレットをご覧ください

パンフ 1.JPG パンフ 2.JPGパンフ 3.JPG

PDF A4 3ページ ダウンロード・印刷可 →クリック

FAQ よくあるご質問

添削とは何ですか?
添削とは 、文法や語彙の間違いを修正するだけではなく、より適切な表現を提案することです。一字一句丁寧にチェックされ、一目で修正箇所が分かるように表示されています。

添削を担当する人について教えてください
本講座では、アメリカ英語を母国語とするネイティブが行います。全員、文章を校正するプロフェッショナルであり、また、日本人英語に慣れています。フレンドリーでありながら適切なアドバイスができる人材です。

どれくらいの英語力があればよいですか?
およそTOEIC500点以上を想定しています。上限はありません。950点など最上級レベルの方でもこれまで不確かだった部分や誤解していた部分を発見するなど、学ばれるメリットがあります。

ネイティブのコメントは英語ですか?
はい。その方に合ったレベルの英語でコメントさせて頂きますので「難し過ぎる」ということはないと思います。

質問はできますか?
はい。回数の制限はありません。添削内容についてのご質問は英語または日本語でお寄せ下さい。

期間内に終わらなかったら?
3ヶ月の延長制度があります。

お申込み・ご利用プロセス

1 

下のフォームからお申込ください 
2 弊社よりお支払に関するメールをお送りします
ご入金確認後、送付物(テキスト・単語集・添削課題等)を発送します
3  ご都合のよいペースで課題をメールで提出して下さい(受講期間:6ヶ月) 
4  1週間程度で添削された課題、フィードバック、回答サンプル等をメールでお送りします
5  返却されたものをじっくりご覧ください
添削内容に関するご質問は随時可能です 
6  次の課題に取り組み、メールで提出して下さい 

 

初めてのビジネスメールライティング通信添削講座 お申込フォーム 

メールアドレス
(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
お名前
(必須)

(例:山田太郎)
フリガナ
(必須)

(例:ヤマダタロウ)
郵便番号
(必須)

(例:123-4567)
都道府県
(必須)

(都道府県を選択して下さい)
ご住所
(必須)

(テキスト等をお送りしますので正確にご記入下さい)
お支払方法
(必須)
銀行振込
クレジットカード(Visa/Master/JCB/Amex)
(どちらか選んでください)
ご職業
(必須)

(例:会社員)
英文メール経験
(必須)
初級(ほとんど書いたことがない)
中級(ある程度書けるがレベルアップしたい)
上級(極めたい)
年齢層(必須)
20代
30代前半
30代後半
40代前半
40代後半
50代以上
ご質問・ご要望
※2500 文字以内でお願いします

(あればお書きください)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい

上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願い致します

入力が上手くいかない場合は、上記内容をご記入の上メールにてお申込下さい